毛穴の角栓取り過ぎる

MENU

毛穴の角栓取り過ぎるとどうなる?危険?

<毛穴の角栓を取り過ぎるとこうなる!厄介な角栓には毛穴を守る役割も>

 

毛穴から時々見え隠れする白っぽい角栓は美容面では嫌われ者です。角栓は顔の毛穴に詰まっている皮脂よごれや角質ですが、何のケアもしないでほったらかしにしているとニキビや吹き出物の原因になるため、これを意地でも取り除こうとケアに余念がない人も多いです。

 

しかし毛穴の角栓は外部からやってくる細菌などをシャットアウトし、毛穴を守る門番のような役割を果たしているのです。そのため、毛穴の角栓を取り過ぎるとこういったバリア機能が失われかねません。

 

毛穴の角栓を取り過ぎる事がないようにしつつ、毛穴をふさいで外から見た時に目立たないようにケアする事が大切と言えます。

 

<角栓を取る際の注意点について>

 

正常な状態の毛穴の活動は、古くなった角質や皮脂が徐々に溜まって角栓となり、それがターンオーバーと共に体外へと排出されていきます。これを過剰に取り除いてしまうと、毛穴が外部の細菌から毛穴を守ろうとして角質や皮脂を新たに生成しようと頑張ってしまいます。その結果、新しくできる角栓は以前より大きなものになってしまうケースがあるのです。

 

大きな角栓が出来ればそれだけ毛穴は広がる上に、外から私たちの目で見ても目立つようになります。角栓を取る際の注意点として、角栓をくっつけて剥がすタイプのパックなどを頻繁に行わない事です。無理矢理内部の角栓を外に引っ張り出すため、毛穴を傷めて広げてしまいがちです。その後に毛穴を引き締める基礎化粧品などでケアしていればまだマシですが、角栓を取ってスッキリしたらもうそこでおしまいという人も多いので注意しなければなりません。

 

無理矢理角栓を取ったとしても、上の方で書いたように頻繁に角栓を取り過ぎると角栓が徐々に大きくなって毛穴をふさぎやすくなってしまいます。角栓のケアはいきなり根こそぎ取ろうとするよりも、徐々に少なくするように優しくケアしていく方が望ましいのです。

 

<角栓を少なくするには!?生活習慣の改善編>

 

角栓を少なくするには、生活習慣を改善する事と、毎日のスキンケアの二つが重要です。これらを同時進行で行って行けば、わずか1ヶ月ほどで角栓の悩みが改善するケースが多いと言われています。

 

角栓を少なくする生活習慣には、

 

@バランスのとれた食生活
A充分な睡眠時間をとる
B適度な運動をする
Cお風呂はきちんと湯船に浸かって毛穴を開く

 

このような事が挙げられます。また、できるだけストレスが少ない生活を送る事も望ましいとされています。ストレスはホルモンバランスを乱れさせてしまう原因につながるため、ストレスが多いと皮膚の老化を早めてしまいます。適度な運動は代謝にも影響してきますし、野菜中心にバランスのとれた食生活もまた肌のターンオーバーや代謝を助けるのに必要となります。

 

出来るだけ上記の生活習慣を実践する事できれいなお肌への近道となっていくでしょう。

 

<角栓をとるなら正しいお肌のケアが必要>

 

毛穴の角栓を取り過ぎるとかえって毛穴に悪影響を及ぼしてしまう事があるため、角栓のケアなどは正しい方法で行っていかなくてはなりません。角栓を適度に取ってスッキリさせるために一番大切なスキンケア方法は、なんといっても洗顔です。

 

角栓が目立った状態で洗顔をする際は、クレンジングオイルで優しくケアし、その後に洗顔をするのも効果的です。また、洗顔後に美容液で毛穴ケアができる基礎化粧品もありますからそれを利用するのも良いでしょう。

 

毛穴から角栓を出したいがために強くこすって洗ったりするのはNGです。気長に少しずつ取るようなつもりで角栓ケアを行っていきましょう。